文字サイズ

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

色合い

  • 色合い標準
  • 色合い青
  • 色合い黄色
  • 色合い黒色

競技職種・種目

アビリンピック種目

建築CAD

建物の設計者が描いたスケッチや構造の情報を理解し、CAD(Computer Aided Design)ソフトを用いて建築基本設計図を作成する作業の正確さと速さを競います。コンピューターと建築CADソフトウェアに関する知識と操作技術、建築図面の読解力と製図規則に関する知識が必要です。
この競技のポイントは、まず選手が建築と製図規則の知識を統合し複数の資料内容を1枚の図面にまとめること、次に建築CADの機能を生かし作業を行うことで、作業時間を短縮することの3つです。
最後に各階平面図と断面図、資料を基に南立面図を書き上げることです。選手は建築の知識、建築CADの知識と操作技術、美的感覚などの複数の能力を駆使して作業します。
競技概要
競技開始時に配布される競技課題(図面枠指示書、1階平面図、2・3階平面図、断面図、構造図、建具表、建築設備リスト、階段詳細図)を読図し、CADシステムを用いて指定された建築基本設計図を完成させます。 競技時間は3時間30分(第38回大会課題より)
開催市/会場
常滑市/愛知県国際展示場